資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 心理カウンセラーになるには何を勉強すればいい?

心理カウンセラーになるには何を勉強すればいい?

人生の中で、うつ病にかかる人は15人に1人の割合で存在するといわれ、とても身近な病気として認知されるようになっています。

診療内科は、何週間も予約が取れないことはざらで、いかに精神的な疾患を抱えた人が多いかがわかります。

2011年には、うつ病になった夫とそれに寄り添い乗り越える夫婦の模様を描いた「ツレがうつになりまして」という作品では宮崎あおいと堺雅人によって映画化されています。

「うつ病」をはじめとした精神的なストレスが、身近になりつつある昨今、通院している患者も潜在化している患者数も顕在化していくでしょう。

さらに2015年1月にはストレスチェックの義務化も始まり、国民一人一人の精神的な健康に対してのサポートを国が行っていく流れができています。

また、2016年には電通の長時間労働による女性社員の自殺が社会問題になり大きな波紋を呼びました。

そのようなストレス社会といわれる現代で、心理カウンセラーの役割や意義はこれからますます大きくなっていくことが予想されています。「心理カウンセラー」という名前の資格はありませんが、あなたが誰に対して、どこでどのように働きたいかによって必要な資格やスキルが異なるため、事前に様々な知識を知っておく必要があります。

このサイトでは、これから心理カウンセラーを目指す場合何を勉強したら良いのか。心理カウンセラーになるにはどうしたら良いのかを紹介します。

心理カウンセラーになるには、まず「資格」を選ぶこと

ひとくちに心理カウンセラーと言っても、資格はさまざまです。そのため心理カウンセラーを目指す場合は、自分がどの心理系の資格を取得したいのかをまず考えましょう。
現在心理カウンセラーは民間資格がほとんどです。そのため資格の種類も数多くあり、取得のための条件もそれぞれ異なります。心理カウンセラーを目指したいのなら、まずどの資格を取得するのかを決めて、それに合った勉強をしましょう。

具体的には、メンタル心理カウンセラー、2級心理カウンセラー、メンタル心理士、認定心理士、応用心理士、公認心理士、上級心理カウンセラー、学校心理士、臨床発達心理士、産業カウンセラーなどがあります。

独学でも心理カウンセラーになれる!?

心理カウンセラーは、名乗る分においては資格が必要なものではありません。

ですので、本やインターネットなどである程度勉強して自分で身につけることができます。書籍のなかでも、発売からロングセラーになっている「プロカウンセラーの聞く技術」は、カウンセラーが身につけるべき傾聴力についてどのようにしたら身につけることができるか、どうして傾聴力が必要なのか初心者でもわかりやすいように書いています。本格的に学ぶ前に読んでも、学びながら読んでもためになる本です。

また、「ユング心理学へのいざない―内なる世界への旅」は、カウンセラーになる人は誰でも読む定番中の定番、基本中の基本の本になります。ユング心理学の実例が記載されていてとてもわかりやすいです。ユング心理学では、「自分の心は、自分のものであると同時に、人類すべてのものだ」と考えていて、現在の自分ばかりを見るのではなく、過去の自分も見ることで、自分の心の本当の姿が見えてくると説いていて日本人にしっくりきやすい考え方をしています。

「心理カウンセリング」の基礎について著書を読むことで、ある程度の知識を独学で身につけることはできますが、何か実績がないとなかなか専門的な仕事をしにくい分野でもあるため、本格的に仕事をするとなるとやはり限界があります。独学で心理カウンセラーになることは、信頼されにくいのです。心理カウンセラーの仕事は成果をカタチで示しにくいので説明に説得力がかけ、怪しく見えてしまうことさえあります。資格の有無はその後のキャリアに大きく影響するので、本気で仕事にすることを考えているのであれば、資格の取得をおすすめします。

資格取得のためには、試験に合格するためのある程度の専門的な知識とテクニックを身につける必要があります。世の中には、心理カウンセラーになるための様々な講座が用意されているのでぜひ活用してみてください。

それでは講座を学ぶ前に、心理カウンセラーの役割について考えてみましょう。

病的な患者への心理カウンセリング

まず、精神的な問題を抱えた場合、それは病理的なものか、そうでないものに区別することができます。うつ病に代表されるような精神病や神経症などの病気が原因の症状には、医師の診断が必要です。そのため、医療従事者以外が診断や治療を施すことはもちろん禁止されています。ただし医療行為だけが症状を改善する唯一の手段とは限りません。心理カウンセリング的なアプローチを用いることで症状が改善することも往々にしてあります。

なかでも、臨床心理士は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる“心理専門職の証”となる資格です。

病院の精神科、心療内科などで働く臨床心理士も多くおり、精神的な病を抱えている人や、病気やケガなどによって気持ちが落ち込んでいる人の心のケアをします。

さらに、市町村の保健センターや保健所、公衆衛生の一環として、住民のカウンセリングを行ったり、乳幼児の発達相談に関わる臨床心理士もいます。福祉の現場でも活躍の場が多くあり、介護施設や老人福祉施設、障がい者支援施設などでも活躍の場が用意されており医療関係者と密にやりとりする仕事です。

資格を取得し臨床心理士になるには、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必須要件となります。ただし試験の受験資格を得るためにあらかじめ指定大学院または専門職大学院の修了が受験資格として必要になっています。

健常者への心理カウンセリング

一方、健常者でも日ごろのストレスにバランスを崩し、心理的な問題(悩み)を抱えることが多くあります。こういった問題に対して、カウンセリングを通して解決に導くことも心理カウンセラーの役割の一つとなっています。

話を聞くなかで、一番大切なことは、依存させないこと、「悩みを解決してもらえる」というスタンスで話を聞きに来る方には、自分自身が変わる必要があるということをきちっと説明できなければなりません。

相談者自身が悩みの種がなんなのかわかっていない場合も多いので、そのポイントを話を聞きながら探っていくことが役割になります。ですから、カウンセラーが「解決させる」のではなく、解決するのは相談者自身であり、そのサポートを行うのが原則です。

その他にも医療従事者ではなくても取得できる資格として産業カウンセラーがあります。

もともと労働者の精神的なサポートを目的に設立されたこともあり、講座のメインは労働者に対するものが多くなっています。産業カウンセラー養成講座の内容を見ても、全15講義中、精神医学に関わる講義は1講義です。

この資格の一番のメリットは、取得しやすいこと。

通学受講料が約20万円、1年間で36時間ほどの養成講座と、100時間ほどの面接実習を受けることで資格を取得できます。この資格を持てば、専門的な心理学のキャリアにつけるというものではありませが、資格所持者の分類的には社内の人事や営業など人の心理的な理解を必要とする職種の方がキャリアアップのために取得することも多いようです。

この講座のメリットとしては、他のカウンセラー養成スクールがほとんど進出していない沖縄や、全国各地方に支部があるのも大きなメリットといえます。

また、メンタル心理カウンセラーも、大学や大学院を出ていなくても取得できる資格の1つです。メンタル心理カウンセラーは、日本能力開発推進協会(一般財団法人) が認定する試験で、勉強から資格取得まで通信で完結するのが特徴になっています。テキストとDVDを利用して学びます。心理学・カウンセリングの基礎知識を身につけたいという人向けです。最短でカウンセラー資格が必要な人向けといえます。取得までの期間は約2か月とかなり短期間で取得できます。カウンセリングに従事する人のみならず、コミュニケーション技術の向上にも貢献できる資格となっております。

必要な勉強方法はそれぞれ異なる

例えば臨床心理士、メンタルケア心理士、児童カウンセラー、産業カウンセラー、行動療法士、精神対話士など、心理カウンセラーの資格は多岐に渡ります。さまざまなスクールで行われている資格取得を目的とした講座ではそれぞれの資格に合った勉強法を教えてくれるため、効率的に資格を取得することが可能です。
なかには共通の精神症状があり、一部には勉強内容が重なることがあります。一例として挙げるなら、自分のことは後回しにして他人に尽くしてしまう「共依存症」などが重なりやすい症状でしょう。どの資格でも共依存症は出てきやすく、きちんと学んでおく必要があります。ほかにもカウンセリグに必要な精神病の症状や原因、分析など、民間資格でも学ばなくてはいけないことはたくさんあります。

大学を専攻しなくても講座で資格が取れる

資格によっては大学へ入学し、心理系の学部や学科を卒業しなければ取得ができないものもあります。そのような資格は取得するのも大変ですし、働いている方や家族がいる方は一大決心が必要です。
大学まで入学を決心しなくても、資格によっては通信講座を受けることで必要な知識を学び、資格を取得できます。心理カウンセラーの勉強を初めて始めるなら、通信講座が気軽にスタートできるのでおすすめです。

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング