資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 収入はいくらくらい?

収入はいくらくらい?

心理カウンセラーの仕事をしている人は、どのくらいの収入を得ているのか。大まかな金額について調べてみました。

心理カウンセラーの仕事・気になる収入は?

心理カウンセラーの仕事につくと、どのくらい収入があるのかは気になるところですよね。そもそも、心理カウンセラーは人の悩みを聞いて相談に乗り、サポートしてあげる仕事の総称。実際は「スクールカウンセラー」や「産業カウンセラー」など、種類は多岐にわたります。

そのため、心理カウンセラーの収入は、働く職場の種類によって異なってきます。例えば、一般企業で心理カウンセラーとして働くのであれば、その企業の規則に沿った給与が支払われることになります。一般企業のほかには、民間企業に設置されたカウンセリングルームや、行政機関の心理職などで公務員として働くこともできるので、職場によって収入はそれぞれということになります。

平均的な年収はいくらくらい?

心理カウンセラーの一般的な平均年収は150万円~600万円未満と言われています。ボーナスなども勤務先の企業の規定により、職場によって収入の大きな幅があるのが現状です。

持っている心理カウンセラーの資格によって、良い条件の良い勤務先を選べるかどうかが、収入差を大きくしています。
知名度と信頼度が高い「臨床心理士」の資格を持っている場合でも年収は300~400万程度が一般的です。そのほかの民間資格を持っている場合では年収は150万円~程度と考えましょう。ただし条件の良い職場を見つけたり、かけもちをしたりすることで、収入を上げることはできます。

良い職場に就職できた場合の年収?

職場ごとにみる心理カウンセラーの年収

基本的には、心理職は専門職として扱われるので、一般職よりは給与面で優遇されるようです。

掛け持ちで収入アップ

近年の心理カウンセラー事情としては、複数の職場を掛け持ちして働く人も増えているようです。例えば、複数のカウンセリングルームと契約して曜日ごとに勤務したり、医療分野や教育分野などで時給単位で掛け持ちして働くことを選んでいる方もいるので、収入は、勤務時間や日数、個人の能力、勤務経験などによっても異なってくるでしょう。

独立開業した場合の年収は?

ある程度経験を積んでから独立・開業する人もいますが、この場合、収入は自分の実力やマネージメント力にもかかってきます。実績を積み重ねて、コツコツと新規の顧客を獲得し、多くの企業や学校などの専属カウンセラーとして契約するなど、活躍の場を広げることができるかどうかで年収が変わります。
なかには年収1,000万円を超える方もいるそう。ここまでの高収入を目指すのは大変ですが、独立開業だからこそ可能な年収だとも言えます。

心理カウンセラーの年収の秘密

心理カウンセラーという職業自体とても特殊なイメージがあることから、人気の職業なのではないかと思う人も多いかもしれません。多少なりとも人気の高い職業の割に、公的機関や大規模な調査を行っている大企業が公開している年収のデータが少ないというのが今の現状でもあります。年収について、口コミをベースに小規模の調査からデータを公開している民間団体は結構ありますが、実際は偏りがかなりあるというのも事実なのです。

心理カウンセラーの実態

時給:5250円
週あたりの配置時間:10時間程度
年間:35週配置

上記のデータは、文部科学省が公開しているスクールカウンセラーの平均的な給料となります。このデータで計算してみると、勤務先が1校の場合だと年収が約180万円程度となってきます。これが掛け持ちだと倍で360万円、3校も掛け持ちしてしまうと単純計算540万円ということになるのです。

しかし、上記でも述べていますが心理カウンセラーの年収についてのデータが少ないというのも事実です。その理由の一つに、心理カウンセラーとして働いている人の数に比べると、十分に稼いでいる人が少ないからではないかと思います。実際、「臨床心理士」という立派な肩書を持っている人でも、年収400万円前後が相場の年収となっているのです。また、民間の心理カウンセラーの資格を取得した人の中で、心理カウンセラーとして立派に生計を立てられている人も30人に1人がいいところではないでしょうか。

他の心理専門職との年収比較

心理カウンセラーに近い職種の中に、「コーチ」や「セラピスト」というものが存在してきます。ちなみに、これら3つの職業の中に年収の違いというものがあるのか気になるところでもあります。

答えから言いますと、心理カウンセラーというのは国家資格やそれに近い資格が多いためか、コーチやセラピストに比べると収入に関しては安定しています。しかし、開業した場合に限っては「コーチング」が最も高収入が狙いやすいとされているのです。

なぜかと言いますと、ビジネスコーチングの場合は高額の料金設定ができるからです。最近はコーチングビジネスのノウハウも体系化されてきて、稼ぐ人の中では年収3000万円クラスのコーチも少なくはありません。ただ、これが「ビジネス」のコーチング以外のジャンルとなると高収入は見込なくなってくるのです。

最後にセラピストに関してなんですが、セラピストにはそもそも国家資格というものもなく、面談の対象者も安い料金というのが主になるので収入に関しては不安定だといえます。

心理カウンセラーが年収1000万円以上稼ぐには?

心理カウンセラーという職業に就くこと自体は基本的に簡単だといえます。

しかし、ここまで何度も言ってきましたが、心理カウンセラーの仕事一本で生計を立てるというのはそう簡単ではないのです。とはいえ、心理カウンセラーの仕事一本で年収1000万円以上稼ぐ人も当然のように存在してきます。

これだけの高収入を稼ぐ一つの理由に、心理カウンセラーとしての臨床経験が豊富で、技術に関しても確かということが大前提にあるのです。

そして、これに何かしらのプラス要素というものが必要になってくるのですが、それに関してはこれから説明していきたいと思います。

独立、開業をする

心理カウンセラーという肩書を持ってたところで、企業に雇われている以上は会社員ということになります。しかし、これが独立や開業ということをすれば会社員から経営者へと変わるのです。

結局のところ、会社員で年収を1000万円以上稼ぐというのはかなりといっていいほど難しいです。一般的に1000万円以上稼いでいる人というのは、社長と呼ばれる経営者ばかりになのです。もし心理カウンセラーとして1000万円以上稼ぎたいと本気で思うのなら、独立か開業しか手はないように思います。工夫さえすれば時間だって自由に使えるようになることでしょう。

見込み客を集める

心理カウンセラーとして1000万円以上稼ぎたいとなれば、独立か開業するのが一番手っ取り早いという話をしました。そこで大事になるのが、「見込み客」をたくさん集めるということです。

見込み客というのは、自分の行うカウンセリングに興味を持ってくれている人たちのことを言います。見込み客から将来的に自分の顧客になってくれる割合というのがわかります。

そこで見込み客を集める方法は、「たくさんの人に会う」、「広告を出してたくさんの顧客リストを集め、メールマガジンなどを発行する」など、たくさんのやり方というのがあります。

こればかりは、独立や開業で成功している先駆者のアドバイスが必要になってくるのかもしれません。

販売力を身につける

次に必要になるのが、見込み客から本当のお客様に変える作業です。

独立や開業している人の中で成功している人というのは、圧倒的に「売る力」というものを持っています。モノを売れる人が自分のサービスをたくさんの人に届けることができ、経済的に自立を実現できるのです。中にはカウンセリングの腕だけあれば稼げると勘違いしている人もいます。そういった人の考えは、自分の腕の良さが口コミで段々と世間に広まり、そして人気の心理カウンセラーになる、といったところでしょうか。

正直な話、こんな夢みたいなストーリーをモノにできるのは、ほんの一握りの中からの数人といったところでしょう。「売る力」がある人というのは、少なからず何かしらの魅力がある人、そういった魅力も心理カウンセラーには必要なものでもあるのです。

開業しないで1000万円以上稼ぐのは可能なのか?

心理カウンセラーとして1000万円以上稼ぎたいのであれば、独立か開業するしかないということをここまで述べてきました。

その中でも、「独立する勇気が持てない」、「開業して失敗したらどうしよう」、なんていうネガティブな発想から前に進めない人も多いかと思います。

確かに1000万円という高収入を心理カウンセラーという職業だけで得るのは難しいといえます。しかし物は考えようで、企業にそのまま勤めていたとしても、勤務先をきちんと選んで着実に経験を積んでいけば、年収600万円ぐらいは稼げるようになるかもしれません。

最近の世の中は、「メンタルヘルス」の重要さに世間の理解が進んでき、一昔前に比べて心理カウンセラーの活躍の場が増えてきているのも事実です。ということから、独立や開業といったリスクを背負わなくても、きちんと心理カウンセラーという仕事を全うしていれば世間一般でいう高収入を得ることも難しくはないのです。

なぜ心理カウンセラーになりたいのか?

心理カウンセラーになったからには高収入を得たいと思うのはみんな同じだと思います。

しかし、その前に「なぜ自分が心理カウンセラーになりたかったのか」ということをしっかりと理解しておかなければなりません。そういった基本的なことも理解せずに高収入を得るなんて虫がいい話でもあるのです。これはどの職業にも言えることなのですが、自分だけが幸せになれればいいと思っている人に高収入なんて望めないはずです。

心理カウンセリングをすることで人ひとりを救う、気持ちを前向きにさせる、心を落ち着かせてあげる、といったように「人のためになる」ということがお給料になるのです。

お金をたくさん稼ぐこともとても大事ですが、その前に自分は何で心理カウンセラーになりたかったのかという原点だけは決して忘れてはならないのです。

心理カウンセラーの雇用状況って?

現代はメンタルケアを必要としている人が増えていて、需要は非常に高まっているといえます。心理カウンセラーの資格が有利に働いて、就職先が決まるというチャンスは多いといえるでしょう。行政機関の心理職など、公務員として就職ができれば、安定した収入を得ることができます。児童福祉施設や少年院などの福祉関係の職場や、司法関係の施設や行政機関での雇用もあります。

また、民間企業のカウンセリングルームなどで、週に何日かの契約制で働く、女性の心理カウンセラーの方も多くいらっしゃるようです。女性が心理カウンセラーの資格を取得しておけば、出産などで一時的に働けなくなったとしても、再就職で有利になるのは嬉しいところです。

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング