心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング

資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

第一位

メンタル総合心理W資格取得講座
(キャリアカレッジジャパン)

キャリアカレッジジャパンの心理カウンセラー講座

■費用:55,000円(税別)※ネット申込で1万円割引

講座について詳しく調べる

第二位

メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)

TERADA医療福祉カレッジの心理カウンセラー講座

■費用:76,000円(税別かは不明)

講座について詳しく調べる

第三位

メンタルケア(R)Wライセンス講座
(ヒューマンアカデミー)

ヒューマンアカデミーの心理カウンセラー講座

■費用:70,370円(税別)

講座について詳しく調べる

HOME » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 収入はいくらくらい?

収入はいくらくらい?

心理カウンセラーの仕事をしている人は、どのくらいの収入を得ているのか。大まかな金額について調べてみました。

心理カウンセラーの仕事・気になる収入は?

心理カウンセラーの仕事につくと、どのくらい収入があるのかは気になるところですよね。
そもそも、心理カウンセラーは人の悩みを聞いて相談に乗り、サポートしてあげる仕事の総称。
実際は「スクールカウンセラー」や「産業カウンセラー」など、種類は多岐にわたります。

そのため、心理カウンセラーの収入は、働く職場の種類によって異なってきます。
例えば、一般企業で心理カウンセラーとして働くのであれば、
その企業の規則に沿った給与が支払われることになります。
一般企業のほかには、民間企業に設置されたカウンセリングルームや、
行政機関の心理職などで公務員として働くこともできるので、
職場によって収入はそれぞれということになります。

平均的な年収はいくらくらい?

このように、心理カウンセラーには、さまざまな職場がありますが、
一般的な平均年収は、150万円~600万円未満程度。
平均月収は、16万円~とされています。ボーナスなども勤務先の企業の規定によるでしょう。

教育機関に就職した場合は、少し高めといわれていて、時給1500円から3000円程度。
医療分野であれば時給は1000円から2000円程度が相場とされています。
これらの職場では、副業として活躍されている方も多いようです。

また、行政機関の心理職など、公務員として働くことで比較的安定した収入を得ることもできるでしょう。
この場合、一般的には30代後半で年収は600万円前後といわれています。
公共施設のサービスの一環として、カウンセリングをする心理カウンセラーの場合は、
40代で年収が500万円~600万円といったところが相場です。
基本的には、心理職は専門職として扱われるので、一般職よりは給与面で優遇されるようです。

近年の心理カウンセラー事情としては、複数の職場を掛け持ちして働く人も増えているようです。
例えば、複数のカウンセリングルームと契約して曜日ごとに勤務したり、
医療分野や教育分野などで時給単位で掛け持ちして働くことを選んでいる方もいるので、
収入は、勤務時間や日数、個人の能力、勤務経験などによっても異なってくるでしょう。

ある程度経験を積んでから独立・開業する人もいますが、
この場合、収入は自分の実力やマネージメント力にもかかってきます。
実績を積み重ねて、コツコツと新規の顧客を獲得し、
多くの企業や学校などの専属カウンセラーとして契約するなど、
活躍の場を広げることができれば、
年収1000万円を超えることも可能なのだとか。

心理カウンセラーの雇用状況って?

現代はメンタルケアを必要としている人が増えていて、需要は非常に高まっているといえます。
心理カウンセラーの資格が有利に働いて、就職先が決まるというチャンスは多いといえるでしょう。
行政機関の心理職など、公務員として就職ができれば、安定した収入を得ることができますし、
児童福祉施設や少年院などの福祉関係の職場や、司法関係の施設や行政機関での雇用もあります。

また、民間企業のカウンセリングルームなどで、週に何日かの契約制で働く、
女性の心理カウンセラーの方も多くいらっしゃるようです。
女性が心理カウンセラーの資格を取得しておけば、出産などで一時的に働けなくなったとしても、
再就職で有利になるのは嬉しいところです。

 

心理カウンセラー講座選びの鉄則

おすすめ心理カウンセラー講座一覧

心理カウンセラー講座の卒業生インタビュー

ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事