資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 資格はいくつあるの?難易度ランキング » メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラーとはどんなものか、資格取得方法や仕事への活かし方などをまとめてみました。この資格は、民間が認定している資格の1つです。資格を取得するとどのような強みがあるのでしょうか。また、どれくらいの期間で取得することが可能なのでしょうか。今回は、メンタル心理カウンセラーについて詳しく解説をしていきましょう。これから資格を取得しようと考えている人は是非参考にしてくださいね。

メンタル心理カウンセラーとは

メンタル心理カウンセラーは「一般財団法人・日本能力開発推進協会」が認定している資格で、学校や企業などで心に悩みを抱えている方を、心理学的な立場からサポートをするお仕事です。
メンタル心理カウンセラーは他の資格に比べるとカウンセリングの要素が強く、医療や福祉、産業界、教育などさまざまな分野にて求められるカウンセリング能力が備わっていることを証明する資格なので、現在数多くの有能なカウンセラーがこの資格を取得して全国で活躍しています。
現代社会では、ストレスを抱えている人も多くいます。しかし、専門的な知識を持っている人が限られており、理解をしてくれない状況もあるので、1人で抱えてしまい精神病を患ってしまう人もいます。また、若者〜高齢者までメンタルに支障をきたす人は非常に多くいます。そんな彼らに寄り添って接することができるのが、メンタル心理カウンセラーです。
資格試験においても、「心理学に関する基礎知識」「カウンセリングに関する基礎知識」「カウンセリングに関する職業能力」というふうに、カウンセリングの知識や技術に関する項目が多くなっています。
また、この資格は心理カウンセラーの基礎的なものです。更にワンランク上の資格「上級心理カウンセラー」の資格も取っておくと良いと思います。

メンタル心理カウンセラーの資格をとるには?

試験内容

メンタル心理カウンセラーの試験は、認定教育機関対象講座の修了後、在宅で随時受験することが可能です。
全ての添削問題を修了の検定試験を申し込みます。受験料は5,600円となっています。申込後約2週間で試験問題が発送されるので在宅で受験し、終わったら答案用紙を同封されている封筒に入れて、日本能力開発推進協会へと送ります。

試験の内容は次の通りです。


この3つが問われます。どれも認定講座の中で出題される問題や、覚えておかなければならない知識等が問われるので、しっかり勉強しておくと良いでしょう。
合格発表は答案受付後、約2ヶ月で送付されてきます。
合格の基準になる点数は、試験問題に対して得票率が70%以上超えることです。在宅での試験を受けることができるので、資料を参照しながら問題を解いて行くことができます。しかし、膨大なテキストの中から探さなければならないので、試験を受ける際は、知識をしっかり身につけた上で臨むことが理想的と言えます。

受験資格

メンタル心理カウンセラーの受験資格は、日本能力開発推進協会が指定する認定教育機関対象講座のカリキュラムを修了していることです。

講座の選び方

受験資格にもなる認定講座ですが、どれを選べば良いのでしょうか。対象講座はさまざまなスクールが行っているので、それぞれのカリキュラム内容や金額などを比較しながら、「ここなら頑張れる」というところを見つけましょう。オススメしたいポイントがいくつかあります。
例えば、料金で選ぶ場合、キャンペーン価格を提示している講座や、他の講座よりも安く受けられると謳っている講座もあります。しかし、安く済んでいても、知識が身につかなければ意味がありません。大切なのは、講座を受けて資格を取得した人がどのような実績経験があるのか?ということです。この部分が明確でない講座はなるべく避けるようにしましょう。
実績については、各講座のところに、”卒業生の声”といったページがあります。そこに出てくるエピソードは、どれも資格を取得するために必要なポイントが書かれたりしているので、是非参考にしてみましょう。吟味した上で信頼できると感じた講座を選択するのがオススメです。

通信講座が多い

講座は通信講座が多く、DVDの教材をみながら自分で学習を深めて行くというスタイルが圧倒的に多くあります。順調に勉強を進めていけば、2ヶ月ほどで資格取得が可能です。しかし、ここで気をつけるべき点は、詰め込みで勉強をしないということです。学校で行ってきた試験勉強の方法を行うと、合格後知識を活かして仕事が出来ない可能性もあります。必ず理解力をしっかり確かめながら学習していきましょう。短期間で取得したいという焦りはわかりますが、焦るのではなく、着実に勉強することをオススメします。

やっておくべき受験対策

具体的な受験対策をどのように行えば良いのでしょうか。
まず、カウンセラーは「覚える項目」が膨大にあります。専門的な知識になるので、しっかりと知識となる分野は押さえておきたいところです。この時、ポイントとなるのが、反復的に学習をすることです。
知識は丸暗記することが重要になるので、何度も繰り返し苦手な領域は学ぶようにしましょう。
また、カウンセリング能力ですが、これは実践的な面でもあります。そのため、テキストの事例だけではなく、類似した事例はないか。今の職場や、自分に当てはまるものはないかで考えてみましょう。一番わかりやすいのが、自分自身をカウンセリングの対象として考えてみることです。そうすることで、問題にも具体性が増し、理解力が深まります。そして、受験対策で大切なのは勉強をただするだけではありません。

この資格を、どのように活かすのか?

明確な目的があれば、試験勉強も大変なものではありません。逆に明確な目的がないと、資格取得がゴールになってしまうので、人によっては中々勉強が頭に入らない。資格を取得したとしても、その後全く活かすことがない人もいます。もちろん、資格を取得することで自分に自信をつけるために行っても良いでしょう。しかし、せっかく高いお金を払って資格取得を目指すのですから、明確な目的があると良いですよね。

カウンセラーの心得

カウンセラーといっても普通の人間であることは間違いありません。いくら専門の知識を身に付けたとしても、クライアントの悩みを聞くうちに自分自身が精神的に不安を抱えてしまうことだってあり得ます。
カウンセラーは自分と同じ悩みを持つクライアントに自己投影することにより、カウンセラー自身が心の病みに陥ってしまう危険性があります。メンタル心理カウンセラーの資格を活かしていくには、カウンセラー自身が心の病にならないようにすることも大切です。

セルフカウンセリングで気持ちを整理する

カウンセラーが心の病に陥らないためには、普段から自分自身の問題と向き合うセルフカウンセリングをおこなうことです。
セルフカウンセリングを行ってしっかり自分の気持ちを整理することで、クライアントに自己投影することも少なくなります。またセミナーに参加したり、心理学の勉強をさらに積むことも効果的です。

クライアントとしっかり境界線を引く

カウンセラーはクライアントの気持ちに向き合うことは大切ですが、しっかりと境界線を引くことが重要です。
相手の感情に共感しても、同調してはいけません。同調を繰り返すとカウンセラー自身も辛くなっていくからです。しっかり向き合いつつも一線を引くことで自己投影する危険性が少なくなります。

メンタル心理カウンセラーの活かし方

ここからは、メンタル心理カウンセラーの資格を取得したあとどのような仕事に活かすことができるかを詳しく紹介していきましょう。
現在介護や医療、教育機関などに勤めている方は、今の仕事に活かしつつ仕事の幅を広げることができます。では、どのように活躍の場を広げることができるのでしょうか。1つずつ項目毎に考えて行きましょう。

医療機関

心療内科の患者が増える中で、カウンセラーは非常に大切な役割になります。
医療機関で働くことで、多くの精神疾患を抱える患者と向き合うことになります。心理カウンセラーの資格を取得した際に真っ先に思い浮かべるのが、医療機関ではないでしょうか。

現在、日本では心療内科にかかる患者が急増しています。だからこそ、心理カウンセラーという職業は非常に大切な役割を担っていると言えます。

医療機関で働くことの意義は、多くの精神疾患を抱える患者と向き合い、少しでも回復へと導くことです。

医療機関で働くには

医療機関では働くには、求人サイトを利用するのがおすすめです。特に医療系に特化しているか強い求人サイトを活用することでスムーズな就職および転職が可能になるでしょう。

医療機関での勤務が向いている人

医療機関が心理カウンセラーに求めていることは、医師をはじめ臨床心理士が対処しきれない部分のサポートになります。患者はもちろんのことご家族のメンタルケアも実施する必要があるので、コミュニケーション能力があり、思いやりや気配りが自然にできる方が向いています。

介護施設

介護施設におけるメンタル心理カウンセラーは、需要が今後も高くなっていくと言われています。その理由として、介護施設に入った高齢者の中には、「社会から不要になった存在だ」と自分のことを責めて精神的に悩んでしまう人も少なくありません。
施設に入った後のいきがいの見つけ方や、抱えている悩みを打ち明けてもらうことで一緒になって打開策を探す。といった活躍が期待できます。施設で専用のカウンセラーが常駐しているところはまだまだ不足しているので、今後活躍の場として期待することができます。

介護施設におけるメンタル心理カウンセラーの需要は着実に高くなっています。理由は介護施設に入った一部の高齢者が「社会から不要になった存在だ」と自責して精神的に落ち込むケースが増え、その対処の重要性が高いためです。

介護施設で働くには

介護施設で働くには求人誌や求人サイトを利用します。特に介護関連に特化した求人サイトを利用すれば非公開求人情報なども入手できるため、就職しやすくなります。なお、現時点では施設専門のカウンセラーが常駐しているところはまだまだ少ないため、今後活躍の場として期待できます。

介護施設での勤務が向いている人

介護施設での勤務が向いているのは、何事に対しても積極性があり、コミュニケーション能力と話すこと・聞くことが好きな人と言えます。

介護施設に入った高齢者のいきがいの見つけ方や、抱えている悩みを打ち明けてもらうことが何よりの業務となるので、一緒になって打開策を探せる姿勢を持っていることが重要になります。

教育機関

教育機関では、生徒/先生の双方がストレスを抱えている場合が多くあります。
生徒の場合であれば、家庭、勉強、部活動などなど個人によって悩みは様々です。精神的なストレスから解放されるために、非行に走ってしまう少年・少女が後をたちません。そんな彼らに寄り添うことができるのもカウンセラーです。
また、先生自身が自分に自信が持てなくなってしまうこともあります。これは、保護者からのプレッシャー等で、教育現場が昔と比べて教師が活動しにくくなっているからです。生徒/教師を支援するという意味でも、今後もカウンセラーの活躍する場は増えていくだろうと考えられます。

教育機関は生徒だけでなく教師の双方がストレスを抱える場所とも言えます。

たとえば生徒の場合、家庭・勉強・部活動など、さまざまな悩みを抱えています。一方で教師の場合は生徒に教える・指導するということに対して自信が持てなくなるケースが多く見られます。

現在、教育機関で働く教師などは保護者からのプレッシャーなどによって、以前と比べて活動しにくくなっているのは事実です。これらの問題を解決するのが心理カウンセラーとしての役割になります。

教育機関で働くには

一般的には求人誌や求人サイトから応募する形になります。現在はストレスを抱える生徒や教師が急増しているため、教育機関における心理カウンセラーの求人が増えつつあります。

教育機関での勤務に向いている人

教育機関が心理カウンセラーに求めているのは、生徒・教師を精神的なストレスから解放し、非行に走ってしまう少年・少女を未然に防ぐことです。

よってコミュニケーション能力をはじめ、気配りや思いやり、話を聞くことに徹することができる方が向いており、生徒や教師を第一に考えたカウンセリングと対処をしていく必要があります。

個人で開業することも

資格と経験の両方を身に付けることで将来的に開業することも可能です。
個人で開業することで、よりお客さん1人1人に沿ったカウンセリングが可能になります。また、それだけではありません。カウンセリングが評判になると、本を出版したり、専門誌にコラムを執筆するようになったりと活躍の場は広がります。
もちろん、いきなり個人で開業しても実績がないのでうまくいくことはありません。長期的な視野で考えた時に、個人で開業することも可能なので、是非全国区で活躍を考えている人は検討してみてください。

資格と経験それぞれを身に付ければ、将来的に開業することも可能です。

個人開業することで、お客さん1人1人に対して正確かつ濃密なカウンセリングが可能になります。さらにカウンセリングが評判になれば、本を出版したり、専門誌にコラムを執筆など活躍の場は広がります。

個人開業するには

資格とある程度の経験があれば個人開業はけっして不可能ではありません。しかし、心理カウンセラーを頼る方は必ずと言っていいほど“実績”を選考基準にします。

よって、豊富な経験と実績を重ねるためにも、まずはさまざまな分野において心理カウンセラーを欲している職場に就くことが望ましいと思います。

個人開業が向いている人

個人開業が向いているのは、体調管理からスケジューリングまでセルフプロデュースができることが前提となり、なおかつコミュニケーション能力と思いやりができる人です。

就職するよりも厳しい部分はあるものの、自由に仕事ができる点は大きな魅力と言えます。

自分への向き合い方も変わる

カウンセリングを勉強した人の中には、自分との向き合い方が大きく変わった。という人もいます。このような人は、今まで自分に自信を持てなかった人が多くいます。資格を活かすということで考えた場合、他とは異なりますが、自分としっかり向き合いと考えている人が一度資格取得を目指しても良いでしょう。
資格取得だけでは実践的な経験が少ないので、これからプロのカウンセラーを目指すなら心理カウンセリングの現場で少しずつ経験を積みましょう。

メンタル心理カウンセラーの資格なら「メンタル総合心理W資格取得講座(資格のキャリカレ)」がおすすめ

講座名

メンタル総合心理W資格取得講座/資格のキャリカレ

講座内容

大学・大学院の6年間で心理学部で学べる内容を、ギュッと凝縮してたった4カ月で終了できる非常に濃密なカリキュラムにしてあります。DVD教材で通信教育ができ、プロのカウンセラーがマンツーマンで添削してくれて、わからないことはいつでも何度でも質問できます。
学習期間は23カ月まで無料で延長可能なので、働きながらマイペースで学習を進められます。
資格取得者には、ホームページ制作などの開業支援や就職サポートなどが受けられます。

教材のテキストは、わかりやすい図解解説で専門用語も優しい表現で表記されているので初学者でもすぐに理解できます。一見難しい心理療法の理論も図解で説明するので直感で理解できるのがポイント。すべて見開きページで完結する内容になっているので、一人だけでの勉強でも取り組みやすく、最短距離でカウンセラーを目指す工夫が施されている教材です。

また教材には『カウンセリング実践事例集』があり、全25種類の実践事例が載っています。事例ごとに適切な対応、不適切な対応がハッキリと記載されていますから、クライアントへの対応方法が身に付きます。実際にカウンセリングをしている時に起こりうる事例や、やりがちな間違った対応わかるのでメンタル心理カウンセラーの勉強をしている時はもちろん、実際にカウンセラーとして活動してからも困った時に使えます。また副教材として『精神医学』のハンドブックがあるので、精神医学の知識も身に付き、より良いカウンセリングを行えるようになります。

取得可能な資格

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定のメンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの2つの資格が同時に取得可能

口コミ

講座内容を
公式HPで詳しく!

まとめ

このように、メンタル心理カウンセラーは様々な用途で活躍が期待できる資格です。また、資格に必要な期間が2ヶ月と言われているので、お手軽に始めることも可能です。もし、これから試験を受けようとしている人は、是非検討してみてください。今の仕事にきっと活用でき、キャリアアップにつながると思いますよ。是非チャレンジしてください。

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング