資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 資格はいくつあるの?難易度ランキング » キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとはどのような資格なのか、資格取得の方法や資格の活かし方について調べました。

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは、2016年4月に新しく創設された国家資格です。それぞれの人の職業経験や適正から職業設計を行うことで、職業選択はもちろん能力開発に関するアドバイスや指導を行います。すなわち、ひとりひとりのキャリアの形成をサポートする専門家、といえるでしょう。

このキャリアコンサルタントが新しく創設された背景としては、経済の成長を持続するために必要なのは、一人一人が自分のキャリアについて考える習慣をつけることが大切であり、その環境を整備することが必要と考えられているため。このことから、定期的なキャリアコンサルティングの機会を提供するために、キャリアコンサルタント資格の創設が行われました。

キャリアコンサルタントは、試験合格後キャリアコンサルタント名簿に登録し、5年毎に更新する必要があります。

キャリアコンサルタントの資格をとるには

試験内容

キャリアコンサルタント試験は、「学科試験」と「実技試験」の2つを受ける必要があります。

試験科目は、「職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目」をはじめとし、キャリアコンサルタントの理論、実務、社会的意義、倫理と行動の5つの項目に分かれています。

学科試験は50問のマークシート方式で、試験時間は100分。実技試験は論述試験と面接試験に分かれています。論述試験は日本キャリア開発協会の場合は1〜2問、キャリアコンサルティング協議会の場合は1ケースとされており、いずれも試験時間は50分です。また、面接試験はロールプレイと口頭試問の2種類の試験が行われます。

受験資格

キャリアコンサルタント試験を受験するためには、下記のいずれかに該当する必要があります。

  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
  2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
  3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
  4. 上記の項目と同等以上の能力を有する者

「3年以上の経験」について、どのような経験が該当するのかは、個別に判断されます。

キャリアコンサルタントの活かし方

キャリアコンサルタントは、さまざまな場所で活躍することができます。

例えば、企業や組織における人事・教育、人材開発部門に活躍の場があります。社内におけるキャリアカウンセリングを担当できるのはもちろん、採用や定着支援、能力開発に関わってくる施策の企画に携わることもできます。また、人材派遣会社などで派遣スタッフと求人企業のマッチングに携わる、という道もあります。派遣スタッフはどのような特性があり、どのような仕事に向いているのかということを見つけることができるでしょう。

そのほか、ハローワークで求職者の相談に乗ったり、大学のキャリアセンターで学生の就職支援に携わるなど、幅広い活躍の場があります。

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング