資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 資格はいくつあるの?難易度ランキング » 応用心理士

応用心理士

応用心理士とはどのような資格なのか、資格取得について試験や条件などを調べました。

応用心理士とは

応用心理士は日本応用心理学会が認定している資格で、応用心理士認定制度の認定資格を満たすことで取得できます。「応用心理士になりたい」と思っても、資格条件があるためすぐに取得できるものではありません。まずは心理学について学べる大学へ入学するのが一番であり、そのような大学へ入学して学べば、応用心理士の資格だけでなくさまざまな資格も同時に取得することができます。
応用心理士は趣味で心理学を学びたいという方よりも、心理学をしっかりと学び心理カウンセラーとしてこれから働きたいと考えている方にぴったりの資格です。取得するのが大変なので登録者は240名程度(2017年時点)と、他の資格に比べると非常に少ないという特徴があります。

応用心理士の資格をとるには?

試験内容

応用心理士には試験の実施はありません。資格要件を満たしたうえで応用心理学専門職としての資質を審査して、合格した人だけが資格を認定されます。
応用心理になるまでのステップとしては、

  1. 日本応用心理学会に入会する
  2. 資格申請をして合格する
  3. 資格登録をする

資格の申請は年2回受け付けていて、申請期間は3ヶ月ほどと余裕がありますが忘れないようにしましょう。審査料は10,000円、認定料は30,000円となっています。

受験資格

応用心理士は、まず日本応用心理学会に満2年以上在籍していて現在会員であることが条件となります。
さらに次の4つのうち、1つに該当する方だけが資格申請をすることが可能です。

  1. 学校教育法に定められた大学または大学院で、心理学専攻または準ずる分野を卒業・修了した者
  2. 学会機関誌応用心理学研究において1件以上の研究論文を発表したもの、または学会の年次大会で2件以上の研究発表がある者
  3. 応用心理学で関係のある職を3年以上経験し、日本応用心理学会の研修会に5回以上参加した者
  4. 認定審査委員会が応用心理学と関係があると認めた専門職で3年以上の経験がある者

応用心理士の活かし方

応用心理士になるには色々な条件が必要なので、資格試験はないものの持っているだけで心理の専門知識があることが認められます。資格取得には2年以上かかりますが、継続して学べる方にはとてもおすすめです。
応用心理士になっても日本応用心理学会から仕事の紹介はないので、「カウンセラーになりたい」という方よりは心理学の研究が好きな方や心理関係の仕事をしていてなおかつキャリアアップを目指す方に向いている資格だと言えます。

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング