資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 資格はいくつあるの?難易度ランキング

資格はいくつあるの?難易度ランキング

心理カウンセラーにはさまざまな資格があります。どの資格が良いのかが分からない方のために、難易度ランキングを発表!受験資格や試験内容をもとに、気軽に資格取得に挑戦できる順にまとめています。

大人は気軽にチャレンジできる資格を

難易度の高い資格は、心理学系の大学・大学院の修了がそもそもの条件になります。大人になってから心理カウンセラーになろうと考えた人には、ややハードルが高いですよね。大人になってから心理カウンセラーの勉強を始めるなら、気軽に挑戦できる資格がおすすめです。

1位:短期間の講座で取得できる資格

大学に行かなくても、講座を受講して資格がとれる方法もあります。通信講座や、在宅試験などスタイルもさまざま。講座で勉強してから心理カウンセラーの仕事を始めたという人も数多くいます。「卒業した大学は心理学系ではなかったけれど、心理カウンセラーの資格が取りたい!」と、大人になってから目指す方に特におすすめです。

メンタル心理カウンセラー

  • 講座期間:2ヶ月
  • 講座の価格:36,000円

心理学の基礎から実用的なカウンセリングスキルまでを学ぶことができ、現場で本当に求められることを身に付けることができます。他の資格に比べるとカウンセリング要素が強く、数多くのカウンセラーが取得して全国で活躍しているため、気軽に始められてとても役に立つ資格です。通信で学び、在宅試験OKです。

メンタル心理カウンセラーの
資格をもっと詳しく≫

2級心理カウンセラー

  • 講座期間:土日2日間(短期集中)
  • 講座の価格:71,280円

「一般社団法人日本プロカウンセリング協会」が認定する資格で、同協会の2級心理カウンセラー養成講座を修了することで取得ができます。今までに30,000人以上が取得している資格で、心理カウンセリングの基礎を学ぶためのエントリー講座としても人気です。すぐに役立つ心理学を短期間で学べます。

2級心理カウンセラーの
資格をもっと詳しく≫

上級心理カウンセラー

  • 講座期間:2ヶ月
  • 講座の価格:26,000円

メンタル心理カウンセラーよりも上位になる資格で、悩みを抱えている方に対して高度な専門知識や技術を使ってカウンセリングをできることを証明してくれます。試験が在宅なのでリラックスして受けることができ、都合の良い時間でできるから現在他のお仕事をしている方でも安心です。

上級心理カウンセラーの
資格をもっと詳しく≫

メンタルケア心理士®

  • 講座期間:4ヶ月
  • 講座の価格:49,000円

メンタルケアカウンセラーの上級資格として認知されている資格で、医療や福祉、教育、産業、公共サービスなどで心理カウンセリングができる能力があることを証明します。年4回試験が行われますが、在宅で受けることができるので忙しい方でも受験することができます。

メンタルケア心理士®の
資格をもっと詳しく≫

2位:産業カウンセラー

産業カウンセラーは「キャリア開発の援助」「メンタルヘルス対策への援助」「職場におかえる人間関係開発への援助」を中心に活躍する資格です。働く人々の問題を解決に導く必要があるので、雇用に関する動向や労働基準法などの知識も持っていないといけません。快適な職場環境づくりに役立つ資格なので、現代社会では欠かせない存在になっています。

産業カウンセラーの資格をもっと詳しく≫

3位:応用心理士

応用心理士は日本応用心理学会に入会後、資格申請をして合格した場合に取得できる資格です。取得するまでが大変なのと維持費がかかるため、2016年で登録者数は250名前後と、他の資格に比べると非常に少なめです。カウンセラーになりたいと考えている方よりも現在心理関係の仕事をしていてさらなるキャリアアップを目指したい方におすすめです。

応用心理士の資格をもっと詳しく≫

4位:認定心理士

認定心理士は心理学において最小限で標準的な基礎知識と基礎技能を習得していることを証明するものです。試験がなく、受験資格を満たしている方なら申請して合格することで認定心理士の資格を取得することができます。大学または大学院修了という受験資格は必要なものの、試験自体がないので、比較的取りやすい資格となっています。

認定心理士の資格をもっと詳しく≫

5位:学校心理士

学校心理士は学校を中心に教育機関全般で活躍することができる資格です。心の悩みを抱えている生徒や親、教師にアドバイス行います。最近は不登校や引きこもり、いじめといった問題が多く学校心理士の需要が高まっています。いくつかの受験資格があるため大学院修了が必須ではなく、臨床心理士よりもハードルは低めとなっています。

学校心理士の資格をもっと詳しく≫

6位:臨床心理士

臨床心理士は臨床心理の分野で日本で最も広く普及している資格で、民間資格の中でも実績と信頼がNo1の資格です。資格を保有していると医療や保険、福祉、教育、司法、産業などさまざまな分野で活躍できます。大学院卒という条件があるためハードルは高めですが、取得すれば心理カウンセラーとしての道が開ける資格です。

臨床心理士の資格をもっと詳しく≫

7位:公認心理士【国家資格】

公認心理士は臨床心理分野での日本初の国家資格です。今まで臨床心理士、心理カウンセラーが行ってきた業務全般にあたることができ、取得することで心理学に関する専門的知識と技術を保有していることが証明されます。心理学系の大学卒業と大学院修了という受験資格が必要のためハードルが高い資格です。

公認心理士の資格をもっと詳しく≫

心理カウンセラーと似てる!メンタルケア関連の資格

心理カウンセラーとよく混同される資格に、次の2つがあります。どちらもメンタルケア関連の資格ですが、心理カウンセラーとは違うので間違わないようにしましょう。

精神保健福祉士【国家資格】

「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる国家資格です。精神障害を抱えた方の社会復帰や社会参加を手助けする専門家です。最短で資格を取るには保健福祉系の4年生大学を修了し、試験に合格することです。

社会福祉士【国家資格】

「ソーシャルワーカー」と呼ばれる国家資格です。心理的、経済的、身体的困難な事情がある方の問題解決や医療機関、施設との橋渡しを行います。最短で資格を取るには福祉系の4年生大学を修了し、試験に合格することです。

番外編!資格がなくても心理カウンセラーになれる?

心理カウンセラーの資格はこれだけたくさんの種類がありますが、資格がなくても心理カウンセラーになれるという話も聞きます。その噂を検証しました。

資格なしでも心理カウンセラーになれるか確かめる≫

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング