心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング

資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

第一位

メンタル総合心理W資格取得講座
(キャリアカレッジジャパン)

キャリアカレッジジャパンの心理カウンセラー講座

■費用:55,000円(税別)※ネット申込で1万円割引

講座について詳しく調べる

第二位

メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)

TERADA医療福祉カレッジの心理カウンセラー講座

■費用:76,000円(税別かは不明)

講座について詳しく調べる

第三位

メンタルケア(R)Wライセンス講座
(ヒューマンアカデミー)

ヒューマンアカデミーの心理カウンセラー講座

■費用:70,370円(税別)

講座について詳しく調べる

HOME » ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事 » 資格はいくつあるの?

資格はいくつあるの?

さまざまな種類の心理カウンセラーの資格や、仕事内容についてまとめています。

心理カウンセラーの代表的な資格は?

心理カウンセラーの代表的な資格に、「認定心理カウンセラー」というものがあります。
この資格は1級と2級に分けられていて、1級は「心理カウンセラーとして必要な専門的学識、技能を有するもの」、
2級は「心理カウンセラーとして必要な基礎的知識、技能を有するもの」とそれぞれ定義されています。

認定心理カウンセラー2級の受験資格は、心理カウンセラー認定講座を修了しているか、
大学の心理学や隣接する学科を卒業していること。年齢は18歳以上の人が対象です。
認定心理カウンセラー1級の受験資格は、2級の資格を取得していることと、
心理カウンセラーの実践講座を修了していることが求められます。
試験内容は、1級2級ともに一次試験が筆記、二次試験が実技となっています。

認定心理カウンセラーの就職先としては、病院の心療内科や企業内のカウンセリング、
学校内の相談室など、さまざまな場所が挙げられます。

心理カウンセラーにも様々な種類があります

心理カウンセラーと一口で言っても、「メンタル心理カウンセラー」、「メンタルケア心理士」、
「心理療法士」など、さまざまな職種があります。

■メンタル心理カウンセラーの仕事内容

メンタル心理カウンセラーの仕事内容は、悩みを相談できずいる人や、
心の病を発症してしまった人にカウンセリングを行い、
問題に立ち向かえるようにアドバイスやサポートをしてあげること。

取得すべき資格は、日本能力開発推進協会(JADP)というところが主催している民間資格試験です。
この試験の受験資格は、協会指定の認定教育機関などが行っている養成講座の修了が条件となっています。

勉強すべき受講内容としては、カウンセリングや心理学や発達心理学に関する基礎知識、
脳と心の関係、などの知識とスキルが必要になります。

資格取得後の活躍の場としては、一般企業内のカウンセリングルーム、
病院や老人ホームの医療・福祉介護施設、いじめや不登校における学校などの教育の場など、
幅広い場所でカウンセラーとして活躍できます。

■メンタルケア心理士の仕事内容

メンタルケア心理士とは、ストレスや病気などによる精神疾患を患っている人に対して精神的なケアを行い、
心の健康を取り戻させるスペシャリストのこと。

メンタルケア心理士になるためには、下記のいずれかを満たしている必要があります。

医療福祉情報実務能力協会が指定する教育機関で、メンタルケア心理士講座の受講を修了すること
認定心理士の資格か産業カウンセラー初級の資格を取ること
文部科学省が定める4年制大学の心理学部・学科、もしくは心理隣接学部や学科を卒業すること

上記の受験資格があれば、自宅で試験を受けて資格を取得することができます。

資格取得後の就職先は、医療・福祉・教育・産業・公共サービスでの相談対応や心理カウンセリングなどが挙げられます。

■心理療法士の仕事内容

心理療法士とは、職場や学校、家庭での問題に悩んでいる人の精神面をケアし、解決をサポートする仕事です。
職場の厳しすぎる成果主義やパワハラ、家庭内暴力やいじめの問題など、
こうした問題を解決する糸口を導き出すことが役割になります。

心理療法士になるためには、大学の心理学学科か専門学校の養成課程を卒業・修了することが必要です。
資格取得後は、病院・児童相談所・企業・学校などさまざまな場面で活躍できます。

 

心理カウンセラー講座選びの鉄則

おすすめ心理カウンセラー講座一覧

心理カウンセラー講座の卒業生インタビュー

ここが知りたい!心理カウンセラーのお仕事