資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » 心理カウンセラー講座選びの鉄則 » 通信・通学から最適なスタイルを選ぶ

通信・通学から最適なスタイルを選ぶ

心理カウンセラー講座選びのポイントとして、通信制と通学制それぞれのメリット・デメリットを解説しています。自分にどちらが適しているか、よく考えて判断しましょう。

通信制・心理カウンセラー講座のメリット

通信制の心理カウンセラー講座のメリットとしては、主に以下のような点が挙げられます。

  • 空いた時間を使って自分のペースで学習できる
  • 持ち運びしやすい教材を用いて場所を選ばず学習できる
  • 総じて教材の質が高い
  • 教材を繰り返し視聴できるので効果的な学習ができる
  • 通学制よりも短期間で知識や技術を身につけられる
  • 比較的費用が安い

通信講座のカリキュラムは、短い期間で知識や技術を修得できるよう、要点を絞った構成になっています。また、場所を選ばず勉強できるよう、持ち運びしやすくなっているのが一般的です。
仕事や家事と両立して、効率よく学習できる工夫が行き届いているので、空いた時間に自分のペースで勉強したい方には最適です。

通学制講座のメリットは?

一方、通学制の心理カウンセラー講座のメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 講師から直に学べるので理解度が高い
  • 同じ目標を持つクラスメイトと励ましあいながら勉強できる
  • 疑問やわからない点はその場で講師に質問して解決できる

通学制の一番のメリットは、やはり講師から直に学べること。特に専門的な知識や技術においては、理論を熟知している人からわかりやすく教えてもらえるのは大きいでしょう。わからないことがあれば、講義終了後などに直接質問できるのも利点です。
同じ目的を持ったクラスメイトと一緒に学習できるのも、通学制の心理カウンセラー講座ならでは。教えあったり、励ましあったりできますし、互いに刺激にもなります。独学で学習するよりも理解度が深まるでしょう。

通学制講座のデメリット

ただ、通学制には以下のようなデメリットもあります。

  • 学校が遠いor通いやすい場所にあるとは限らない
  • 通信制に比べると学費が高め
  • 講師によって教え方に違いあるケースも

卒業まで講座に通い続けるには、通いやすい場所にあることも重要なポイントになります。転勤で職場が変わるなど、理由があって継続が困難になるケースもあるでしょう。

また、教えてくれる講師の能力にも差があります。相性の良い先生に当たれば良いのですが、講師を選べないという現実もあるので、事前に講義の質をチェックすることも大事です。

働きながらの資格取得なら通信制がおすすめ

通信制と通学制の講座の特徴をそれぞれまとめましたが、さらに通信制の大学で学ぶという選択肢もあります。通信制の大学は、緻密なカリキュラムで内容が専門的、かつ密度が濃いことが特長。その反面、学習期間が数年単位と長く、費用も高額なものになってきます。

以上のことを総合すると、働きながら心理カウンセラーを目指すなら、 自宅学習ができる通信制の講座がベストといえそうです。

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング