資格を取って心理カウンセラーになりたい人のための講座ガイド

2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
1位
メンタル総合心理W資格取得講座
(資格のキャリカレ)
費用: 48,600円(税込)
取れる
資格
  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー
2位
メンタルケアWライセンス講座
(TERADA医療福祉カレッジ)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
2位
メンタルケア(R)Wライセンス講座
(たのまな)
費用: 76,000円(税込)
取れる
資格
  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
心理カウンセラーになる!本気の講座ランキング » 心理カウンセラー講座選びの鉄則 » カリキュラム内容を見比べる

カリキュラム内容を見比べる

心理カウンセラー講座選びの鉄則として、カリキュラム内容で注目すべきポイントを解説しています。

カリキュラム内容に見る「良い心理カウンセラー講座」の条件

カリキュラム内容でまずチェックすべきなのは、卒業後に必要になる知識や技術がすべて身につけられるかどうか。
通学制の講座は1年以上の期間を使ってじっくり教えてくれるので、この点はまず不安はないでしょう。

通信講座のチェックすべきポイント

通信講座の内容も、現在はとても洗練されています。

1、講師の指導

講師による念入りな添削指導やカウンセリングがあれば、実践的な能力を身につけることが可能です。現場での経験を積むことを目的に、スクールによっては実習の授業も充実させています。こうした点にも注目するといいでしょう。

2、教材が充実しているか

優れた心理カウンセラー講座の教材は、一から勉強する生徒にも分かりやすい内容になっています。また、テキストが手軽に持ち運べる体裁になっていれば、電車の中などちょっとした空き時間を使って勉強できるので便利です。

テキスト以外にもDVDや問題集がついていたり、専門用語を調べやすい用語集などがついていれば、勉強しやすい教材といえるでしょう。教材の良し悪しを判断するポイントをまとめると、以下のような感じです。

いろいろな種類がある心理カウンセラー講座ですが、こうしたポイントを見比べて、自分にとって最良と思えるものを選びましょう。

これなら分かりやすい、おすすめの教材

  1. メンタル総合心理W資格取得講座(資格のキャリカレ)
    キャリカレのテキストは、現役心理カウンセラーが監修したもので、一人でも楽しく分かりやすい学びやすい“フルカラー”を採用しています。専門用語を使わないから初めての方でも学びやすく、豊富なイラストと図解でイメージがしやすくなっています。さらにテキストだけでは分からない流れや実践方法もDVDに全て収録。知っておきたい基本動作から入室、退室までの流れをしっかり理解できます。

    資格のキャリカレの講座をCHECK≫

  2. メンタルケアWライセンス講座(TERADA医療福祉カレッジ)
    TERADAのテキストは、入門から中級レベルまでのカウンセリングを学ぶことができます。「メンタルケア学術学会」や「ヘルスケア産業推進財団」などから認定を受けているため信頼感はバッチリ。通学さながらの知識をDVD講座にて学べます。実際に現場で働くことを考えた内容だから充実度が違います。

    TERADA医療福祉カレッジの講座をCHECK≫

基礎から学んで資格がとれる!心理カウンセラーの講座ランキング